CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
welcome
ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
散髪とつみき


今日は午前中はパパの実家へ行って、髪を切ってもらいました。
だいぶ髪の量もふえて、女の子らしく見えるようになってきたコトちゃんです。(でも、まだ時々「ボク」と言われますが(^^;;)
以前は髪を切る時は泣いてばかりで大変でしたが、今日は、髪を切るという意味が分かってきたようで、おとなしく座っていられました。
「チョキチョキ」「キレイになった」と自画自賛?(笑)でした。
最近は、鏡をみたり、髪をとかしたり、お化粧パタパタ(のマネ)をするのが大好きで、女の子だなぁと感じます。



「明日、先生に髪の毛切ったよーって言おうか」と私が言うと、
「マリ先生(担当の先生)、チョキチョキしたよー、って言う」と。
これを夜になっても言っていたので、本当に明日報告できるかもしれません。

パパの実家は自然がいっぱいなので、お花や虫を観察しながら、ゆっくりお散歩しました。



お昼からは、ママの実家へ。
おばあちゃんに買ってもらった、お医者さんごっこセットを、大変気にいって遊んでいました。
最近、模倣遊びが役割遊びに変わってきて、お医者さんごっこやお店屋さんごっこを、私たち相手に、本格的に演じています。
今回お医者さんごっこセットの中で、気に入ったのは、「ハサミ」!
午前中に髪を切ってもらったのが、とても印象的だったようで、自分の髪、おばあちゃんの髪、杏奈(シーズー)の全身の毛を一生懸命カットしてくれました(^^;)

*****
パパ作とコトちゃん作の「おうち」です。
もちろんパパがレゴ、コトちゃんが積み木です。
それぞれ、なかなか立派です。



こどもが作るつみきは、とても独創的でおもしろいです。
大人だと、どうしても同じ形の連続や、左右対称に作りがちですが、あたりまえですが、コトちゃんはそんなことは気にしません。
感性のまま積み上げます。
この「おうち」も細長い積み木を、横にしたり縦にしたりして積み上げ、絶妙なバランスをたもっています。



誕生日に買った積み木ですが、本当によく遊びます。
レゴよりも小さい子にとってはずっと簡単で、すぐに積み上げられ、そして一瞬で崩れるのがおもしろいようですね。
大人だと、積みあがったものをしばらく置いておきたいのに、コトちゃんは、すぐに崩します。
そして「もう一度、さいしょから」と言って、また作り始めます。

童具館 WAKU-BLOCK45H0
| 子どものおもちゃ | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
2歳のお誕生日プレゼントは・・・
もう、今更言っていても遅いのですが、誕生日プレゼントを何するか迷っています。
いろいろ考えて、迷って迷って、多分積み木にする予定。
うちには、まだ積み木らしい積み木はなく、あるのは「型はめ積み木」のパーツだけ。三角や丸などの少ないパーツを、詩ちゃんは積み上げて遊んだりしています。
最近は、レゴの動物園シリーズでは、だいぶカタチらしいものを作ったりするようになり、タイミング的には今がちょうどいいかな?とも思います。
自分自身も、レゴやブロックで、弟と一緒に無心になって、ダイナミックにさまざまなものを作って遊んだ覚えがあるので、詩ちゃんにも豊かな積み木遊びの体験をさせてあげたいと思っています。

積み木!と思って、いろいろと探してみましたが、やはりいいなぁと思うものは値がはりますね(^^;)
より高く積み上げ、より創造しやすい積み木がいいので、面取りがしていない(角を丸くしていない)積み木となると、本当に限られてしまいます。

なので、今の第一候補は、童具館の積み木です。

WAKU-BLOCK45HG1

童具館 WAKU-BLOCK45H3

WAKU-BLOCK45H4

まずはひとつ基本となるものを買って、じっくり遊ばせて、少しずついろんな形のものや量を増やしていこうかと思っています。

↓最初に迷っていたのが、この「組み木」と言われているもの。

くむくむA

この似たタイプのものが、行きつけの(笑)小児科においてあり、子ども達が夢中で遊んでいるをみて、欲しいなぁと思っていたのですが、トンカチを使うことからも(道具を使って作っていく過程なので)、3歳以上の方が適しているかなと思い、今回はやめます。
オークションでも時々安価ででているので(中古)、そういうのもチェックしていこうと思います。

積み木遊びのさまざまな方法や可能性が、このページで詳しく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

*****
ちなみに、もうひとつ迷っていたのは、汽車遊びセットです。
これも、私が小さい時によく遊んでいた玩具のひとつです。
↓こういうレールをひいて、そのまわりにレゴやブロック、家にある雑貨や生活品などを総動員して、小さな街をつくりあげ、その中に人形をおいて遊んでいたのをよく覚えています。
これも、また次の機会に買ってあげたいなぁと思います。

汽車セットスタンダード

| 子どものおもちゃ | 00:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ひも通し遊び
保育園ノートより

先生より

 今日は紙芝居「のりものいっぱい」「ありさんわっしょい」を読んでもらい、木片にひもを通して遊びました。木片には色々な形がありますが、コトちゃんは色は違いますが、同じ形同じ大きさのものを探して、通していました。

*******

2月下旬に購入した、ひも通しの玩具。
こちらです↓

カラービーズ筒入り

以前購入した、ひも通しの玩具では、もう物足りなくなっていたので、ステップアップしてもう少し穴が小さく、ひもは先端に棒のないもの(紐のみ)のものを買いました。
始めは、ひもに通すのも四苦八苦していましたが、あっというまに上手になり、今では慣れた手つきでどんどん入れていきます。
そして、ノートに書いてあるように、最近は形や色を意識するようになりました。円柱なら円柱、丸なら丸だけをひもに通していきます。
色はピンクが好きで、「ピンク」「ピンク」と言いながら、ピンクを集めます。

私はなにも教えていなくて、自分で好きなように遊んでいるだけなんですけどね。
すごいですよね。自分で遊び方を、どんどん広げていけれるのです。

やっぱり、いい玩具を与えることは大切だなぁと、しみじみ感じました。
| 子どものおもちゃ | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
いい玩具とは〜現代の玩具を考える
パズルボックスC

いつのまにか、かたはめが出来るようになっていました。
つみきを握ると、迷うことなく、いとも簡単にその形の場所を見つけてはめこみます。
もうすぐ2歳ともなると、かなり高度に形を認識できるようになるんですね。
かたはめを一通りして遊んだあとは、それを全部出して積み上げ、そして積み上げ遊びも終わると、3個くらいの積み木をトラック型に積み上げ、「ブーブー」と動かしています。
そして、それも終わると、つみきはお人形さんたちのごはんに、箱はお風呂かお家かなにかに変身します。
大人が導かなくとも遊びが広がっていく、とてもいい玩具ですね。

かたはめ遊びとしては、もう今のコトちゃんには物足りないようなので、もう少し複雑な形の認識玩具を探し中。
パスルなんかも、もうできるかもしれませんね。

********

少し前の朝日新聞に「現代のおもちゃを考」という記事が載っていました。おもちゃ美術館の多田千尋さんの記事です。

抜粋しますので、ぜひ一読ください。

「・・・子どもの遊びに過干渉にならない面倒見の悪いおもちゃこそがグッド・トイだと思っています。
「おやっ?」と思われる表現ではありますが、テレビの前でピコピコ遊ぶおもちゃのように、おもちゃが子どもに接近するものではありません。子どもがおもちゃという道具に果敢にアプローチをすることによって、楽しさが吹き上げてくるようなおもちゃをいいます。 積み木やブロックなどのクリエイティブトイが代表的ですが、子どもの自発的な活動によって、手の運動、指の運動を促すアクティビティトイも推奨玩具となります。子ども自らの力で「楽しさ」を自己生産してくおもちゃこそが最高の道具といえるでしょう。
 これらの乳幼児期に共通していることは、ローテクノロジートイであり、遊びのカロリーが低いということです。ハイテク玩具や電動玩具は、今や幼児期までに低年齢化してきています。これらは刺激の強い高カロリーのおもちゃであることが多いのです。
 特に0歳から6歳までの遊びの一流プレーヤー時代は、面倒見がよすぎるハイテク玩具はあまり必要ではありません。目や耳に飛び込んでくるような、音や映像の過剰刺激の高カロリーおもちゃは、子どもたちを成人病にしてしまうようなものです。
 シンプルな遊びでスタンダートな物で、楽しさをつくりだすことができる遊びの天才時期は、実はたった6年間しかない。
 だからこそ、この時代の遊びの天才達に、失礼のないような玩具選びを、私たちおとなが考えていかなければならないのです。」

納得でした。高カロリーな玩具を0歳児から与え始めると、あっというまに子どもは成人病になっていきます。コトちゃんを見ていても実感するところはいくつもあります。
キャラクターものの派手なおもちゃ、テレビビデオもそのようなおもちゃの代表的なものだと思いますが、そのような刺激にさらされているこどもは、シンプルなおもちゃでひとりで(もしくは親と)遊ぶことが苦手です。
ひとつのおもちゃから創意工夫して、遊びをひろげていくことができず、すぐに飽きて、次々と違うものを要求し愚図るので、けっきょく親はもてあまし、手軽な玩具(テレビやビデオ・ゲームなど)を与えてしまう。
これは悪循環ですよね。

遊び方をこどもに教えるのはナンセンスですが、やはりじっくりと見守ることは大切でしょうね。
特に月齢の低い時期0歳〜3歳は、そういう時期だと思います。
その時期に、シンプルでスタンダートな玩具で、親などとじっくり遊べた子どもは、それ以降は自然に1人でももくもくと遊びの翼を広げていけれるのだと思います。

今は手軽で刺激の強い玩具が多すぎますね。
だから、ついつい子どもがその場ではすっと静かに黙って惹きつけられるものを選んでしまいがちになる。

こんな時代だから、やっぱり育児って難しくなっている気がします。
でも今の豊かな時代だからこそ与えられる、真の意味での豊かな育児を、これからを生きる私達の育児を、一緒に考えていきましょう。
| 子どものおもちゃ | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
野いちご木のおままごと 
ばあばからのプレゼントが届きました。
最近、おままごとが大好きになったコトちゃんにおままごとのセットです。

↓野いちごシリーズの一番オーソドックスな木のおままごとセット。
スウィートカフェセットと素敵なネーミングです。

野いちご木のおままごとスウィートカフェセット

↓おなじく野いちごシリーズの布おままごとセットのお出かけバック。

野いちご布おままごとおしゃれお出掛けバック

コトちゃんはおもちゃが到着した瞬間から(笑)、夢中で遊んでいます。
ケーキやアイスクリームに自分でいちごやクリームを刺してデコレーションをしたり、ケーキを包丁で切ってお皿に分けたり、お人形に食べものを食べさせたり。
バックも腕にかけて「いってきま〜す」と手をふって出かけるマネ。
中にはいっている携帯や鍵ケース、お財布なんかも何度も取り出して遊んでいます。
バックはだいぶ前から大好きで、保育園でも何個も腕にバックをかけて遊んでいるそうです。それと、エプロンが好きで、いつも先生につけてほしいとエプロンを持ってきて、それをつけてもらっています。
先生からも、「コトちゃんはもう少し大きくなったら、お手伝いをたくさんしてくれそうだね」と言われました(*^^)

まだ1歳児なので複雑なおままごとではないのですが、それでもそれなりに形になって遊んでいるので感心します。
おままごと大好きだった私の娘だけあって、きっと彼女はかなりおままごと好きな少女に成長しそうです。

この前近所の木のおもちゃ屋さんで見たものより、これよりも値段がはって、もっと質がよさそうなものでしたが、なかなか高いものばかりをそろえられないですからね。
この野いちごシリーズはお手ごろなお値段にしては、モノもよく、ボリュームもあり、夢もいっぱいで(*^^)、楽しめるのではないかと思いました。
私がもうひとつ絶対欲しいのは、おままごとようキッチン。↓

野いちご木のおままごと【自然の森のナチュラルキッチン】

近所の木のおもちゃ屋さんで見た、コトちゃんが夢中で遊んでいたキッチンは、この野いちごシリーズよりお値段が3倍近くしたので(T-T ))、こちらの方が現実的に購入で可能かな??と思ってます。
一度購入すれば、多分かなり長い間遊べるので、いろいろ調べて納得できるのものを選ぼうと思います★★


*******

ままごと遊びは大人社会の模倣遊びです。
大人社会と言っても、小さい子はその子の家庭そのものや(自分のしてもらっていることそのもの)ママパパを模倣します。
ままごとを通じて、生活の方法や社会的ルール・人間関係を楽しく学び、それがそのうち「ごっこ遊び」へとつながっていきます。
ごっご遊びになると、1人だけの模倣遊びから、集団での遊びへ広がり、お友達と一緒に同じ認識のもとより複雑な遊びを展開していくことができるようになりますね。
豊かな「おままごと」「ごっこ遊び」は創造力や言葉を育て、人間関係の持ち方を体験し、子供自身の大きな成長に役立ちます。

今の時代はテレビやゲームで、「ごっこ遊び」までもがバーチャルで楽しめてしまいます。
でも、バーチャルの世界では上に書いたことは体験できません。
ぜひ、こどもに全身で真剣に「おままごと」「ごっこ遊び」を体験させてあげたいですね。

| 子どものおもちゃ | 01:31 | comments(3) | trackbacks(0) |
どいて、どいて〜。


本日のコトちゃん語録。

大きなおもちゃを抱えて私のところに歩いてくると一言。
「どいて、どいて〜〜!」

こんな言葉どこで覚えたんだ??とびっくり。
あとで保育園に聞くと、どうやら先生達がごはんやおやつの時に大きなビニールシートを机の下に敷くのですが、それを敷く時にみんなが乗ってきてしまうので、いつも「どいてどいて〜」と言っているそうです(笑)。
先生達もその話をしたら苦笑してました。

その他にも、取って欲しいものがあると「とって〜〜!」
歌や遊びの時には「もう一回、もう一回!」を連発して何度も要求。

そして最近はジャンケンを覚えたようで(もちろんジャンケンのルールは理解していませんが)、犬達を相手に「ジャンケンポン!」とやっています。
そしてかならずジャンケンのあとには喜びのオーバーのリアクションが(笑)!!
これも、保育園で覚えてきたみたいです。

毎日毎日違う言葉を覚え、親やまわりの人のマネっ子をして、とっても面白い1歳児。
1歳児の育児って楽しいぞ〜。

*********
今日は市内にある木のおもちゃ屋さんに行ってきました。
住宅の中にあるところで分かりにくいんですが、とってもとっても!いいお店でかなり感激しました。
ネットで木のおもちゃ屋さんのお気に入りはいくつかありますが、やはり実際に見て、触って、コトちゃんに遊ばせてから決めれるのがとてもいいですね〜。
お店自体も素敵で、ついつい長居しちゃいます。
コトちゃんが熱心に遊んでいた、紐通しの木のオモチャを注文してきました。

↓紐通しのおもちゃはコチラです。
シグナ

コトちゃんがその紐通しおもちゃの次に夢中になっていたのは、やはりままごと。
木のキッチンに木の小道具。
夢中になりすぎて、結局帰るときには号泣。
最近は本当におままごとが大好きです。

↓ちなみにおままごとの鍋やフライパンの中にはいっていたのがこちらのウッドチップというものです。
これが実に子供の心をとらえるようで、コトちゃんはこの小さなチップを一生懸命入れ替えたり混ぜたりしながら遊んでいました。
こんなチップですが、コトちゃんがおままごとをしていると、とってもリアリティがあって驚きですよ。
リサイクルウッドチップ

近くにいいお店を見つけたので、これからちょくちょく遊びに行きたいです。
| 子どものおもちゃ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
楽しい動物園


1歳のお誕生日にプレゼントしたレゴの「楽しい動物園」。
以前はレゴをなめたり、箱にいれたり出したり、崩したりで遊んでいましたが、最近は自分でかなり集中して組み立てるようになりました。
この前動物園に行ったこともあると思うのですが、たくさんの動物を「ぞうさん」「きりん」と言ってとりだしたり、「あーあー」となにやらおしゃべりしながら、台にくっつけています。
だいぶ高くくっつけることができますよ〜。
これから、ますます形を造る遊びが複雑にできるようになってきますね。
楽しみです。

LEGO ブロック 緑エクスプロア2356

******

今日、保育園に迎えに行くと夕方から38℃の熱があるとのこと。
家に帰って測ると38.8度。
やっぱり、風邪がうつったか??
幸い?明日はもともと私が代休で休みの日なので、コトちゃんも休む予定でいました。
絶妙なタイミングでした(苦笑)
病院に行って診てもらうと、喉は赤いけど、元気もあるし、胸の音も悪くないので、薬を飲んで家で様子をみましょうとのことでした。
確かに、元気元気ですし、食欲も普通にあります。

・・・・・!!!!
が、家に帰って気づいたのですが、右側の顔や顎、耳の辺りに赤い発疹がたくさん・・!!
これって、もしや麻しん???
麻しんは、顔や耳の辺りから赤い発疹が出て、そのあと全身に広がるといいますよね。熱は一度でて、また下がり、そして、また高熱になるというのが特徴らしい。

でも、コトちゃんは予防接種はうったしなぁ。
熱も今は(夜23時)には37度4分まで下がりましたし。
発疹は何かの気のせい?であることを祈ります。何事もありませんように〜。

そして、忘れていましたが、今日は私の誕生日でした。
三十路に王手がかかります(^^;)

残業から帰ったパパの手にケーキが!!
私は、てっきり、コトちゃんを病院に連れて行ったりして大変だった私に気を使ってくれたのかと思ったのですが、なんと誕生日のケーキでした〜!
うれしい(^ー^* )♪
ハッピーバースデ〜〜♪わたし。
20代最後の1年を、今までの人生で一番スペシャルな1年にしたいです!
| 子どものおもちゃ | 23:12 | comments(4) | trackbacks(0) |
ジルケ人形(ケーセン社)
最近、お人形さんを可愛がれるようになってきたコトちゃん。
今日も寝るときに、キューピーちゃんを持ってきて、抱っこしてユラユラして、自分のかけるタオルの中にいれてあげていました。

まだまだ1歳児ですので・・気まぐれですけどね。
足で踏みつけたり、投げたりしていますので・・(^^;)

私自身は、お人形&着せ替え人形の大好きでした。
幼い頃は、本を読むのが大好きで、母親も本だけはどれだけでも与えてくれたので膨大な量を読んでいたと思います。
そのせいか?普段でも空想の中で遊ぶことが好きな、メルヘンな少女でした(笑)
お人形&着せ替え人形で遊んでいると、あっというまに時間は過ぎ、食事中も夢の中でも、その続きのストーリーを作って遊んでいたのを、よく覚えています。

もちろん、そのメルヘンの世界の中にずっといることはできないので、ある時期にその世界から一気に抜け出したのですが。。
蛇足ですが、心理学や精神看護系の勉強をするにつれ、その「メルヘンの世界から抜け出す」ということが、とても大切な成長の節目だと知って、へぇ〜!と驚きました。

まぁ、なんにせよ、そんな私の娘なので、もしかするとコトちゃんも相当お人形好きな子になるかもしれません。
全く正反対になる可能性もありますが。。

でも、やっぱり子供が成長する過程で、自分自身を投影できる人形の存在は大きいと思うので、こだわっていい人形を与えてあげたいと思っています。
いろいろ調べて、一番いいと思うのは、ケーセン社のジルケ人形。
(ケーセン社の説明についてはこちらをご覧下さい。)
実物も見たことがありますが、この画像よりも、かなりいいです!
質のよさが歴然としています。
子供に媚びるような表情をした、いわゆるかわいいお人形よりも、素朴な表情の人形の方が、子供自身がその人形に感情を映しやすくなると言われています。
着せ替えがしやすく、一緒に寝てもゴツゴツしない、タオルのような柔らかさもポイントですよね。

ただ、いいものは値段が高い!!
でも、もう数ヵ月後にはクリスマスがやってきます。
ママ&パパサンタクロースはちょっと奮発して、ジルケ人形を購入しようかと思ってます。
まずは1体(もちろん)しか、買えませんが、希望としては、お人形遊びができるように最低2体はほしいなぁと思っています。

これからは、コトちゃんの洋服を作った、同じ生地で、お人形さんにもおそろいの洋服を作ってあげようと思います。
お布団やバックなども作りたいなぁ〜。
また、楽しみが増えそうです(^ー^* )♪

↓どの人形も見れば見るほど、味があります〜。

ジルケ人形(小)女の子黒髪黒目赤服

ジルケ・MARIA

ジルケ・CLARA

ジルケ・PAULA

↓こんなリアルな動物の人形もあります。
これも、すごくいいですね〜〜。

シベリアンハスキー

ろば グレー

ぞう(ミニ)

ダックスフント

個人的に犬シリーズに惹かれてます・・(笑)
| 子どものおもちゃ | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
コップがさね
1歳になる前からよく遊んでいた、コップを重ねるおもちゃ。
これはシンプルだけど、本当に奥が深くて、月齢問わず飽きずに遊べるとておもよいおもちゃです。
最近のことちゃんは、これをタワーのように積み立てていくことができるようになりました。
だいぶ大小の認識ができるようになってきたので、上手に大きいコップを下にして少しずつ小さいコップを積み重ね、高く積み上げていきます。

積み上げ遊び以外にも、中にブロックなどをいれて、スプーンでガチャガチャとかきまわして、それを食べる真似をしたり、私たちにくれたりなどの、おままごとのような遊びもします。

カラフルな色なので、そのうちブロックなんかと組み合わせて、色分け遊びもできそうですし、これをおうちに見立てて、もっと複雑なおままごと遊びにも使えそうですね。

我が家にあるコップはこちらです。お手軽なお値段でうれしいです。↓

コップがさね

↓こちらは保育園や病院にありました。木のおもちゃなので、質がいいですね。知育玩具になっていて、各側面に「どうぶつ」「もの」「かず」が描かれています。遊びながら、ものごとの関連性と数を学ぶことができます。

BoiKido ピラミッドキューブ

↓Sassyからも、こんなカラフルでポップなものがでています。

スタッキングカップ(EURO)
| 子どものおもちゃ | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |