CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
welcome
ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
TV*今日23時からの「情熱大陸」
今日23時からの「情熱大陸」(CBC)おもしろそうです。
よかったら見てください〜!

沖縄の自然学校(幼稚園)です。
子どもを育てる時の、参考になるかもしれません。

番組HP
http://www.mbs.jp/jounetsu/
| つぶやき | 11:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
吹奏楽楽器占い
http://u-maker.com/26520.html

お友達がやっていて、けっこう当たっていて、面白いかも・・と思って私も挑戦。
どうかな〜?あってるかな〜?
最後の一文「寂しがり屋で、人が好き」はどんぴしゃ正解かも(笑)

● トロンボーンさんのあなたは、凡人のふりをしたがる才人です。ほとんどのことは人並み以上にこなせるし、いくつかのことは、人よりもずっと上手にこなすことができます。けれど特別扱いはしてほしくないと思っているので、わざと失敗して見せたりすることも…。そのようなあなたの試みは大方成功しており、見た目気軽な雰囲気を持っています。そのせいで人に軽く見られがちでもあるのですが、かといって爪を見せないのがあなたなのです。一方、自分が苦境に対峙すると、「こんなこと、どうでもいい」と言ってしまうような子どもっぽさもあります。基本的には寂しがり屋で、人が好きです。

● サボテンを育てると幸せになれるでしょう。

せっかく楽器のネタなので。
コトちゃん、ピアノを習い始めて半年くらいたちました。
なんど、グレード試験も一回うけて、優秀賞の成績で合格しました。(びっくり)
彼女は、私と違ってコツコツ型のようで(パパと似ている)、毎日5分とか10分とかだけど、毎日ピアノ向かっています。
本当に親の私が感心します。私なんて、根気もないしいい加減なので、練習をじっくり見てあげることもあまりしないのに・・・(汗)

コトちゃんが通うピアノは幼児はバスティン方式という、アメリカでメジャーである教本を使っています。
このバスティンがバイエルとかと比べると、楽しくて、よくできている教本だと思います。だから、コトちゃんがすすんで楽しく練習しているんだと思うのですが。

ベビーから行っているスイミングよりも、保育園よりも、ピアノが一番楽しいんだとか。
楽しいうちはいいよね。
そのうち、求められる課題が高くなり、壁にぶち当たるときもあると思いますが、そういう壁を乗り越える力と、毎日少しでも課題に取り組む(反復練習をする)という習慣も、ぜひピアノ通して学んでほしいなぁと思います。
| つぶやき | 02:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
RRさんとC&Sさんの予約のコト
ところで、RickRackさんとCheck&Stripeさんの予約が始まっていますね。
最近は、育児休暇中つき、お金がなくてほとんど生地は買っていないのですが、久々に可愛いの生地がいっぱいの予約を見て、迷っています。
皆さん、どうですか?
RRさんのギンガムと、水玉ニット・・それと・・。
それぞれもカラーが豊富で、悩む悩む。
C&Sさんのコットン系もお手ごろで、可愛いのがたくさん。
キットも、数点気になるものがあり。タグもアップリケもかわいいな。
仕事しているときは、あまり悩まず、可愛いものはすぐに購入〜!なんですけどね。今は、ほしいものを絞り込もうとしているので、悩みすぎて決めれないです(涙)

皆さんの感想をぜひ聞きたいです!
| つぶやき | 02:52 | comments(3) | trackbacks(0) |
2007年に感謝して!


ちーちゃんがこの世に産まれでた、記念すべき2007年が終わろうとしています。
今年1年の前半は、私の切迫早産や胎児発育不全との診断で入院にもなり、家族全員が試練の時でもありました。
でも、皆の協力のおかげで、無事に元気なちーちゃんが我が家の一員として、無事に誕生しました。そして、コトちゃんはお姉ちゃんになりました。
我が家は4人家族になり、ますますにぎやかになりました。

そして、コトちゃんは通いなれた保育園を退園。
森のたんけんたいに通い始めました。
今まで仕事中心の生活だったので、たんけんたいで子どもとしっかり向き合い、自然の中で同じように育児する仲間と語らう時間は、本当に『育児』を見つめなおす意味でも、楽しく充実した時間でした。
自分自身の価値観やこれからどう生きていきたいか・・ということも、改めて考えることもできました。
来年も、たんけんたいで自然の中で子どもとともに育つ楽しさを、満喫したいな〜と思います。
そして、私ももっと親としても、保健師としても成長したいです。

今年は趣味の世界も広がりました。
こういうことも育児休暇がなければ、ありえなかったことです。
ハンドメイドのサークルで、たくさんの趣味を持つ育児中の仲間ができました。
モノヅクリの楽しさを、今まで以上に奥深く感じ、それを広げられました。
この仲間の輪を大切にしていきたいな・・と思います。

そして、年があければ新居への引越しです。
4人家族での、新たなスタートです。

ゆっくりでいいので、一歩一歩確かに足跡を残し進んでいけたらいいな。

今年は、皆さんに支えられ、こんなに素敵な1年を過ごすことができました。
どうぞ、これからもよろしくお願いします。
古くからの友人、新しく出会った友人、家族、2人の可愛い子ども達・・いろんな人に感謝して。
2007年に感謝して。
来年も、さらに躍進できる1年となりますように!
| つぶやき | 23:50 | comments(4) | trackbacks(0) |
Happy Birthday ME!


今日は私の誕生日。
もう、なんと31回目になってしまいました。
気持ちは、まだ20代なんだけど(笑)

子供を産んでから、誕生日の本当の意味が分かった気がします。

いろんな奇跡が重なって、いろんな人の想いを背負い、長い歴史の続きに産まれでた。
特別な1日。

私を創ってくれた、たくさんの人たちにありがとう。
そして、これからの未来への希望を胸に。

Happy Birthday わたし。
たくさんの人に感謝をこめて。おめでとう。

家族が増え、子供も健やかに育っている。
仕事も少しずつではあるけれど、ちゃんと積み上げてきたものがある。
大切な人たちとのつながりも、だんだんと深いものになってきている。

歳をとることって、昔はもっと怖かったけれど、1年1年歳を重ねるごとに、積み重なっていくものがちゃんとあるから、今は少しも怖くない。
また、この1年も、きちんと足跡の残る1年としたいな。

***
コトちゃんと一緒にチョコレートケーキを焼きました。
小林カツ代さんの本の中から、「シークレットチョコレートケーキ」を選びました。
チョコレートを溶かしているのではなくココアを使いますし、バターも使っていません。
バターの代わりは。。実はマヨネーズなのです。
このアイディアはびっくり。だけど納得の簡単さ、美味しさでした。

コトちゃんから「こっちゃんが大きくなったら、ちーちゃんと一緒に、ママにケーキを作ってあげるね」と感動の言葉ももらい、本当に心に残る1日になりました。

パパからもプレゼントが!私の鍵につけるキーホルダーです。
深い紫の皮製のリングに、シルバーのクロスのチャームがついた素敵なキーホルダー。
まさか、プレゼントがもらえるとは思っていなかったので、とても感激でした。
本当に、ありがとうね。

焼き菓子&冷菓―やさしい味、もっともっと伝えたい (まあるい食卓シリーズ)
焼き菓子&冷菓―やさしい味、もっともっと伝えたい (まあるい食卓シリーズ)
小林 カツ代
| つぶやき | 00:03 | comments(7) | trackbacks(0) |
結婚おめでとう
私の弟が3月に結婚しました。
そして弟のパートナーとなる彼女も4月から就職しました。
これから働く女性としても、新たなスタートですね。
お祝いの言葉が遅くなりましたが、おめでとう!
春は新しいことが始まる希望の季節ですね。

私たち夫婦の入籍も4年前の3月。
今年の入籍記念は切迫早産もあり、詩ちゃんのおひな祭りで精一杯で、何もせず、このブログにも何の記録も残さず終わってしまったのですが、せっかくですので、この機会に、私が結婚してみて思った「結婚」とか「夫婦」「家族」について書いておこうと思います。

MAMA@WORKさんの「結婚をボジティブに語ってみる」にもあるように、今の現代って「結婚」も「育児」もネガティブな情報ばかりが先行しているような気がします。
実際、私も結婚する前は「結婚」も「育児」もネガティブなイメージを持っていたことは事実です。特に「結婚」という形となると、女性としてどんなメリットがあるのだろうか??と否定感はぬぐえませんでした。

仕事は続けるつもりですので、経済的に助けてもらおうとは思っていませんでしたし、何より紙切れ一枚で、私の苗字が否応なく変わり(ここに家制度とは全く関係なく選択できるのならまだ問題は少ないと思うのですが)、戸籍でも相手を筆頭として私がその横に?名前を連ねなくてはいけないこと、長男の嫁としてお墓までもが決まってしまう。産まれてきた子どもは、あたりまえのように向こう側の苗字。(向こうの苗字と思うこと自体、今現在も自分の苗字だと受け入れていないということですよね・・)
世間一般には疑問もなく、世帯主も彼。子どもの保護者の氏名も、子どもの保険扶養者も。
考えても考えても、理不尽な話で、せっかくやっと一人の人間として自立してきたのに、それを否定されたような気持ちになったものです。
形上のことは、今でもこの気持ちは心の奥にしっかりとありますし、現在の結婚制度は女性にとっては差別的なものだと強く思っています。

でも、実際の結婚生活は紙上のことなんてあまり関係なく(考えれば関係あるのですが)、日々生活に終われどんどんと過ぎていきます。
特に私の結婚生活は、あっという間に子どもができたので、夫婦ふたりから、コトちゃんを入れた3人の家族のスタイルになりました。

結婚する前とその後で、決定的に違うことは・・・・「地に足をつけて歩いている」ということでしょうか。
それが言いかえれば「生活する」ということだと思うのですが。
結婚する前の二人の関係だと、その生活そのものに「未来」とか「責任」とかがなく、なんとかなくふあふあと夢のような時間を浪費していたように思います。
どちらが楽しいのかといわれれば、「おもしろく楽しい」のは結婚する前かもしれませんが、正直あれがずっと続くのは飽きる・飽き飽きするという感じですかね。

今は、これから先の未来を見ようとして(築こうとして)一緒に歩いているので、まだまだスタートしたばかりの地点にいることが実感としてあります。これからどんな風に、この未来を開拓してこうかと考えると、二人でやることや使命や夢が山のようにありますので「飽きる」という言葉とは、全く違う次元です。
うまく言葉で表せないのですが、自分が歩いている足元が道になって踏み固められ、後ろをふりむくとちゃんと歩いてきた軌跡が確認できるような気がする。確かな(リアルな)生きている証拠というか・・。
そしてその軌跡を感じられるからこそ、今歩んでいるその道が厳しいことや苦しいことがあっても、その未来につづく確かな道をも信じることができる(描くことができる)。

こういう実感があるからこそ、日々が充実していると感じられるのだと思います。
この充実感は、独身の頃いくら仕事をバリバリとこなしていても、スキルアップのために勉強しても、友達と旅行に行ったりショッピングをしても、彼と楽しく過ごしても感じれなかったものです。
あの時はあの時で充実していると思っていましたが、それとは全く質の違うものですね。

全く違う人間同士が生活していくことは大変です。
たいていの夫婦がそうなのように、私達夫婦も、性格も価値観も育ってきた環境も正反対と言える部分の方が多いです。
(ある脳科学者いわく、男女が性的に惹かれあうときは、自分の遺伝子情報をフェロモンという形で強烈に発信するんだとか。男女は自分とは全くちがう遺伝子情報をもっていればいるほど、強く惹かれあうらしいです。
それはなぜかというと、子孫を残すときに、より複雑で様々なパターンの組み合わせをもった遺伝子の方が強く、それを未来へ残そうという動物的な本能だとか)
私も彼も気が強いですし、頑固なので、「違う」ということでぶつかることはとても多いし、口げんかは日常茶飯時ですが、不思議なことにそれで仲がこじれるということはなく(今のところは《笑》)、ひとつひとつのぶつかりが、少しずつふたりの生活を積み上げていると実感としてあります。
私達はどう生きていくかという点においては、本当に対極な部分が多く、それがぶつかるたびになんとなく真ん中近くによりそおうとしているような感じでしょうか。
私は全く真ん中でひとつになる必要はないと思ってますし、きっと彼も、全く一緒にすることはできないと思っていると思います。
だから、このなんとなく寄り添うという部分が大切なのかな・・と思います。
そして、やはりそのことについて「話し合える」ことが一番重要なんでしょうね。まぁ、私達の場合話し合えるというよりは口論なんですが・・(苦笑)

それに、自分達だけのことならまだ穏やかでいられますが、これで子育てのことがはいってくると、またもっともっと自分の考えや価値観をさらけださなくてはやっていけなくなりますよね。
子どものこととなったら、なんとなくやりすごしたり、適当に合わせたりしている場合じゃないですから。私も本気です。
お互いに本気で向き合うことが結婚生活ということなのかな。

お互いに違いすぎて口論が絶えない時もありますが、その違いは互いに圧倒的に尊敬する部分でもあります。
この尊敬は結婚してからのほうが強くなりました。
その違いで争う場合もありながら、尊敬もしているなんて、なんか変な気もするのですが、それで私達夫婦の場合は仲良くうまくいっているような気もします。

私が欠けている部分を彼が補ってくれるし、彼が欠けている部分を私が補っている。
もっと、ボジティブに言えば、二人で家族として生活しているからこそ、一人でいるよりもっと強いパワーで未来を切り開いていけると。

きっと、これからも大きな山が幾度もあり、いろんな危機も訪れると思います。そこでどんなふうに私達が乗り越えていくのか(乗り越えられるのか)は分かりませんが、結婚4年目に書いたこの記録を未来への私へのメッセージとしたいと思います。
そして、これから結婚生活が始まる弟夫婦へ、姉からのささやかな言葉です。
| つぶやき | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
お疲れ(*_*)
仕事が忙しくて忙しくて、やることが山積みです。
今日も、机の前に座る暇もないほどで、基本健診、ヘルスアップ教室(生活習慣病予防教室)の片付けるべき事務も、本日実施した健診事後相談の個票の記録も、月曜日に提出期限の目標管理の中盤報告(面倒!)も、全くできませんでした(>o<")
こんな忙しい時にかぎって、いつも関わってる精神の人から、3回も電話がかかってきて、同じ話を永遠にリピート・・・(ーー;)
その人の堂々巡りの思考に私も引きずりこまれ、私はいつも電話を切ったあと、頭が痛くなってくるのです・・。
あ〜!とにかく時間がないです。

膨大に山積みされた仕事を残し、家に帰ってこれば帰ってきたで、やっていない家事が山ほど・・・。
でも、育児が一番大切ということで、コトちゃんのパワフルな遊びにつきあい、ご飯・お風呂・・で、私もグッタリです。

寝かしつけてから、家事に取りかかり、今は仕事の資料を積み上げてPCに向かったところです。日記を書いたら仕事仕事・・!

やっぱり二人目をほしいなぁとも思うけど、経済的な余裕もさることながら、時間的余裕とか精神的余裕がないと、ちょっと難しいですよね。
とにかく、今の状況ではかなり厳しい〜〜。
体力的にも本当にキツイし。
男の人は、食事の仕度時に子供の相手して、お風呂でもいれたら、もう自分の1日の仕事は終わり・・っていう感じでお気楽でうらやましいです。
男の人は仕事に専念できるように世の中の(家庭も)仕組みがなってますよね。。それに、男性は甘えているような気がします。
なんだか、とっても不公平〜〜ヽ( )`ε´( )ノ !!

女性だからこそのいいところはたくさんあるんですけどね。
保健師の仕事自体も女性だからこそ、輝けるというところもありますし。

ちょっとした、愚痴でした・・ε=( ̄。 ̄;A 
| つぶやき | 21:43 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/1PAGES |