CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
CATEGORIES
welcome
ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
<< 二人目の壁を考える | main | 心の基地 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ママのやりなおし英語と子どもの学習について
英語を勉強しなおそうと前々から思っていて、日々の忙しさに忙殺され、なかなか勉強という形では始めれずにいた。
コトちゃんの英語絵本を読んだり、その付属CDを聞いたり、あとはDWEを車の中で聞く程度(以前中古で数千円でカセットを落札した)。
今、安静中のありあまる時間を有効活用するために、本当に今がチャンスだと思い、ちゃんと英語の勉強をすることにしました。

本当はラジオ英語ではじめようと思っていたのですが、うちのマンションラジオの電波が悪くNHKがはいらない(ρ_;)。
ラジオ英語のCDを買うと、けっこう高額になるので、却下。
テレビの英語講座と、あとは母が地味だけど、かなりいいよ!と勧めてくれたこちらで、コツコツやろうと思います。
アメリカ口語教本・入門用(最新改訂版)
アメリカ口語教本・入門用(最新改訂版)
W.L.クラーク

あと、コトちゃんの英語絵本を読むにあたって、自分の単語の知らなさに苦労しているので、これを使って、1日少しずつやっていきたいです。
キクタンリーディングBasic4000
キクタンリーディングBasic4000

あとはコトちゃんと一緒にDWEを使って単語カルタ(中古で購入したカードと自分でカードを作っている)をしたり、音を聞いて勉強すればいいかな?

それともうひとつ、以前からちょこちょこいろんなサイトで気になっていた、英語絵本の多読という学習方法です。
SSS英語学習法
私は読書が好きなので、読書なら苦にならないので、この方法が一番ぴったりなような気がします。しかも本は財産になるので(私の親の考え方そのままだけど)、場所はとるけど、永久的に使える。現に私の幼いときから読んでいた本を、今コトちゃんが読んでいる。そして私はそれを、その次の世代にも受け継ぎたいと思っている。

私は高校時代は英語は得意なほうではなかったけど、その中でもまだ一番好きで、得意なほうだと思えたのはリーディングの授業。(大学時代の英語の授業で強制的に読まされたナイチンゲールの伝記は退屈で退屈でしょうがなかったけど・・(ノ_<。))
上のふたつで文法や単語は勉強して、あとは本をとにかくたくさん読もう!というのが、今回いろいろ考えてみて、私のたどりつた「私のやりなおし英語法」です。

ちなみに私が英語のリーディングが一番好きだった理由は、やっぱりその背景に国語がとても好きで、非常に得意だったということがあると思います。
数学なんかは本当にいつも赤点ギリギリで、10段階評定で3をもらったことがあるほどの大の苦手でしたが(それも大問題で、どうにかコトちゃんには並にはなってほしいと思っているのですが・・・)、特に現国は全く勉強しなくても、センターレベルだったらほぼ満点がとれました。
現代国語と英語なんて、あまり関係ないように思いますが・・・?でも、私が思うところ、読むという力というのは共通してるのではないかと思うのです。
高校にもなれば、難しい長文を読まなくてはいけませんが、知っている単語をつなぎ合わせ、その文脈の意味を想像する力なんかは、まさに読書する力だと言っても過言ではないような。しかも、その作業があまり苦と感じないのは、「読む」という作業に慣れているからだと思います。

なので、読むことというのは、学習する上においてかなり、重要なポイントになると私は思います。
コトちゃんの学習を考えていく上でも、やっぱり今やっている読み聞かせ(もちろん特に日本語の)は、力をいれて続けていきたいです。
今のコトちゃんを見ていても、自分の経験上でも、読み聞かせさせしっかりやっていれば、ワークブックなんかを使って平仮名の読みを教える必要はないです。
もうその兆しがみえてきていますが、自然に文字に興味を持ちだしていますし、かなりたくさんの本を暗唱していますので、うそんこ読みごっこ(私はそう読んでます)をしながら、勝手に文字の読み方は覚えていきそうです。
ただ、書くのは別だと思います。私も3〜4歳頃から文字が読めて(母のアルバムの記録によると)、小学校に入る前にはかなり難しい本も自分で読めましたが、自分の名前すらあまりちゃんと書けませんでした。特に親から教わってなかったので。まわりの子が上手に字を書けるのを見て、衝撃をうけたのを覚えています。
ということは、読む力は読書で力がつきますが、やはり書くことは、また別に学習していかなくてはいけないということですよね。もちろん、読むことの後追いでもいいと思います。

いろいろな英語育児サイトに逆行するようですが、私は特別スピーキングやヒアリングがそれほどできなくても、読めたり書く土台を作っておけば、あとは自分の学習しだいでいくらでも伸びていくのではないのかな?と勝手に思っています。どちらが先行でも、あとでしっかりその弱い部分を補えばいいのだと思いますが、スピーキングとヒアリングだけできても、長い将来を見れば、限界があるような気がします。
バイリンガルに近いヒアリングやスピーキングを望むなら、右脳が活発な小さい頃からということなのかもしれませんが、そもそもなぜそこまで発音などにこだわるのでしょうか?(もちろんよければよい方がいいとは思います)
英語をどう使っていくか・・ということによるのだと思いますけどね。

毎日毎日、ひたすら遊び、泥んこになって帰ってくるコトちゃんの、食べることや日々の生活習慣を守るだけで必死になって日々過ぎていますが、今はこれこそが一番大切なことだと思っています。
でも、コトちゃんも、待ったなしに成長していきますので、少しずつこういうこと(学ぶ方向性)も考えていきたいと思います。

そして、私もコトちゃんの力を借りながらも?、自分の英語学習をすすめていきたいと思います。
私のまず近い目標は、コトちゃんの英語絵本を読めること。
そして、大きい目標は大学院の進学(いつになるか分からないけど)と、海外の研究文献(仕事関連)を読めるようになること、あとは同じ仕事をする海外の人とネットをとおして交流したいな!
| - | 10:25 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:25 | - | - |
コメント
こんにちは!私は英語は全然ダメです〜(笑)
もう本当に、単純な単語も読み書きできません(汗)
なので、英語が好きな人を見るとうらやましいです!
学校の成績は悪いほうではなかったんですが、そんなに好きでもないと必要がなくなれば忘れてしまいます。
確かに、聞く事が出来れば自然と話せるようになると思います。子供が段々言葉を覚えていくのを見ていると実感します。
私も、自分が働いているので子供の教育まで手がまわりません(汗)
でも、今4歳なんですが自然ともうひらがなは全部読めますし、書くのもだいたい出来るようになりました。子供ってすごいです!
大学院の進学叶うと良いですね。私も今になって心から勉強したいって感じます。
| 働くママ税理士 | 2007/01/30 11:51 PM |
こんにちはー。遊びにきました。

読むのが好きなら、多読はばっちりですね。
うらやましいですー。

私は英語力もないけど、読む力が全然なくて、何を読んでもあんまり面白くありません。多読を始めたいけど面白くないので続かない・・・を繰り返しています。

小さいうちから本に親しんでおきたかったです。
でももう戻ることはできないのだから、出来ることをボチボチして行きたいと思ってます。
ベラベラへの道は遠いわー。
| タエ | 2007/02/01 10:42 AM |
★働くママ税理士
税理士のお仕事をされること自体がすごいですよ〜!!私なんて本当にその分野が苦手で苦手で。。。
うちの旦那は今年4月から課の移動で役所の税務課勤務しています。確定申告が始まるので、毎日本を読みながら勉強していますが、大変そうです。
公衆衛生の分野は経済学と深く関係しているので、いつも医療費やら予防効果費用、なんやらかんやらとやらなくてはならず、私は学生時代から、本当に必死(分かっていない・・)です。
なんにせよ、仕事って奥が深いです。
英語は学生時代はあまり好きではなかったですが、育児するようになって英語絵本を見るようになり、好きになってきました。
これまた旦那の方が、英語得意なので、昨日も私のつたない英語のリピートを聞いて、旦那にあれやこれやと文句?(いや助言)を言われていました。。。(笑)
大学院進学、夢です!それこそ二人目産むので、その夢は遠のきましたが、40歳くらいを節目に、また実現したいです!

★タエさん
コメントありがとうございます。とてもうれしいです!
きっと、息子さんは恵まれた読む環境で育っていらっしゃるので、読書好き&豊かな読む力を持って、成長していくでしょうね。
うちの子も、そうなってほしいです。
私は、本好きな母に育てられて、本に取り囲まれて(笑)育ちましたが、旦那は絵本ですら全く読んだ事がないそうです。なので、今でも活字が大嫌い。
でも、コトちゃんにせがまれ、絵本を読むようになり、自分も子どもと一緒に成長しているみたいだ!と言ってます。。。活字嫌いの旦那も、本の楽しさを知ってもらいたいなーとおせっかいにも思ってます。
リンクさせていただきました。これからもいろいろ教えてください。

| Aya@管理者 | 2007/02/01 12:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pmelody.jugem.jp/trackback/243
トラックバック