CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
CATEGORIES
welcome
ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
<< 安曇野・大町の旅 | main | 仕事と育児 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
子どもへのまなざし
忙しい毎日です。
充実しているけれど、毎日、「なにかやり残している」感じがつきまとっています。
育児も、仕事も。もちろん家事も。

仕事で、親育て子育てに事業について、どう展開していけばいいのか・・・悩む時が多いです。
大きなテーマ・深いテーマ。
個々への支援もそうですが、それよりも市全体を対象にしたポピュレーション事業となると、また難しい。創造力やアイデイアだけではやれない。もっと勉強しなけいと。
私の力量以上のことが求められています。
チャンスはあるけど、形にできない。
でも、今、すごく大事な時期です。ここをしっかり押さえて事業を展開しなくては、これからはないかもしれない・・って大げさだけど。
でも、今の社会を見ていると、本当に今やらないと!と危機感を感じ、焦燥感がつのります。

それと、並行して、自分の育児も、忙しい毎日を言い訳に、重要な部分をとばしてやっているような気も。
コトちゃんだけでなく、ちーちゃんも、だんだんと難しくなってきました。
もうちーちゃんも2歳ですからね。一人前の人間です。当たり前なんですが。

以前も読んだことがあるんですが、佐々木正美先生の「子どもへのまなざし」を図書館から借りてきて、熟読しています。
何度読んでも、新たな学びがあり、今の自分の育児について感じることがたくさんあります。
ボリュームはありますが、読みやすい本なので、ぜひ皆さん、読んでみてください。


私のメモでもありますが、今回心に響いた文面を書きとめます。

**
 教育とか育てるということは、私は待つことだと思うのです。「ゆっくり待ってあげるから、心配しなくていいよ」というメッセージを、相手にどう伝えてあげるかです。子供に限らず人間というのは、かならずよくなる方向に自然に向いているわけです。けがでも、ほうっておいたって、かならず治る方向へいくわけでしょう。ばい菌がつかないように、消毒だけしておけばいいのです。風邪だって薬なんか飲まなくたって、じっと休んでいればたいてい治るわけです。
 人間の体というのはかならず治るほうにいく、よくなるほうへいこうとするのです。あるいは成長しようとする、発達しようとするのです。もちろん老化ということはありますけれど、とくに元気ざかりの子どもなんかは、すべてのことがかならず、いいほうへ向かおうとしているのです。

 だから、じゃまをしなければ、みんないい子になって、個人差はありますが、子どもなりの素質と個性と能力で、みんな発達していくわけです。ですから、待つという姿勢ができましたら、もうこれで、人でもなんでも育てることの名人になれると思います。このことは草花を育てるのも、野菜を育てるのも、果物を育てるのも、人を育てるのもまったくおなじで、ひそかに最善をつくして、じっと待っていればいいのです。待つことに楽しみや喜びを感じられるようになったら、人でも、ものでも、育てるのは上手になりますよね。

 (中略)
 育児をするうえでもっともたいせつなことは、子どもに生きていくための自信をもたせてあげることです。それには子どもにとって、最大のサポーターであり理解者が親なのだということが、子どもにつうじればそれでいいのです。あとはいらいらしたりあせったりしないで、じっくり育児に取り組めばいいのです。
 こちらがあせっていると、子どもは大きくなるにつれて、もっとあせります。ですから、なにごともちょっとやってみて、どうもだめそうだと思うと移り気をおこして、すぐぱっと変わろうとするようになりがちです。なにをやっても自信がもてなくて、成果があがってくるまで、自分で自分を待てない子になりがちでしょう。ですから、成長や発達してくるのを、あるいは、いろんなことが身についてくるのを、こちらがゆっくり待ってあげる姿勢をふだんからもっていると、それが子どもにも身につきます。忍耐づよさが身につくといってもいいと思います。
 ですから、待ってあげる姿勢は、子どもを十分信頼しているという気持ちを伝えることにもなります。このことは子どもへの愛を、子どもにもっともわかりやすく伝えることになるのです。


| 育児 | 23:36 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |
コメント
お久しぶりです。
相変わらずお忙しそうですね。
でもAyaさんの事だから上手く時間を使って充実した時間を過ごしてる事でしょうね!
杏奈ちゃんや萌花ちゃんも元気ですか?
ちゃちゃとねねはとっても元気にしてますよ!
| あやの | 2009/08/31 3:10 PM |
aya様はじめまして。昨年ハンドメイドの日々を過ごしていましてこちらのブログにたどり着きました。今年は次女が産まれて全くお洋服は作っていません。
お仕事、育児、趣味ととても充実されていてすごいです。
ブログを拝見するたび、とても日々丁寧に過ごしていらっしゃるなあと感心させて頂いています。
私はだらだら過ごしていて、それを疲れのせいにしてしまっていて子育てはとても楽しさに満ちていますが、
自分自身には腹立たしさの日々です。
自分にとって、仕事とは何かをしっかり考えておけば
よかったとこちらのブログを拝見して思います。
復職に向けて考えることが多いです。
お仕事おいそがしい中、更新はたいへんかと思いますので
気長に更新を心待ちにしています。
子育てにおける自然環境のたいせつさ、私もとても共感します。年内に国定公園の横に引っ越します。今は大阪市という、かなり都会に住んでいますが、今後子どもたちが自然に親しめるので今から楽しみです。
私もaya様みたいにしっかりした考えを持ち、きびきび動ける人になりたいです。
おからだたいせつにお過ごし下さいませ。
| terumi | 2009/09/11 12:57 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pmelody.jugem.jp/trackback/659
トラックバック