CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
CATEGORIES
welcome
ブログ村
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
トラックバックピープル
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
<< ピティナピアノステップに参加しました | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
カラフル!
 ご無沙汰していました。
私の義父が末期癌の闘病生活を経て、そして亡くなりました。
最後は、ホスピス病棟で、家族がいつも付き添うことができました。
家族は寝る時間もなかなかとれず、ハードな看護だであったとは思いますが、それでも狭い病室の中に、家族が集まり、「命」を肌で感じ、義父の人生を、死を、言葉はなくとも、会話をしていたような時間でした。
子供たちも、日に日に衰弱していくおじいちゃんを、しっかりと見つめ、多くのことを感じたでしょう。

看病の日々から、お葬式、そのあとの供養・・・と忙しい日々がまだ続いています。
今まで、長男の嫁(今回、喪主でした)でありながらも、実家からは出て別に生活していますので、近所の人も、親族の人も、ほとんど交流がなかったのですが、今回のことで、随分と距離が縮まったように思います。
・・・「死」は意味がある。その死の意味を、残された者は考え続け、学ばなければいけない。
いつか、私の祖父(僧侶)か誰かが、お説教をしているときに、聞いたような覚えがあります。
そんな過去のことを、最近思いだしました。

******
ブログから離れている間にも、いろいろと記録したいことがたくさんあります。
子供の成長は、まったなしで、逞しくぐんぐん!と前に向かって進んでいます。

最近、コトちゃんと一緒に楽しく見ている番組があります。
HNKの再放送の「カラフル」という番組です。
知っていますか?
10歳前後の子どもが主人公で、子どもの言葉で伝えるドキュメンタリー。
どこにでもいる普通の子どもだけれど、それぞれ違う環境で、一生懸命生きている。
どのテーマもとても共感でき、そして、とても前向きで楽しい気持ちになれる番組です。

例えば「ぼくにはふたつの家がある」
看護師のお母さんと二人の兄弟。
家と学童とのふたつの家をもつ子供たちの話し。
学童に通うコトちゃんには、「学童も家庭」と言う男の子の話がとても興味深かったようです。そして共感したようです。

「河のがっこうにぼくはいく」
では、夏休みに参加する「冒険キッズ」を想像して、一気に期待が膨らみました。
また、忙しいパパと遊びたいという、主人公の男の子の話を聞いて、「コトちゃんは毎週遊べるから、よかった!」と心底思ったようです。

番組ホームページはこちら。
よかったら、お子さんと一緒に見てみてください。
| - | 23:23 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:23 | - | - |
コメント
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/07/15 2:14 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/07/22 2:10 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2011/08/27 10:23 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://pmelody.jugem.jp/trackback/717
トラックバック